スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

BTS&MRT 5月1日の運行状況

 BTS&MRT 5月1日の運行状況

・BTS
全線運行 06:00〜20:00

・MRT
全線運行 06:00〜00:00 (但し、シーロム駅は19:00で閉鎖)


*当分はこの運行スケジュールのようですね。

at 13:24, swm, -

comments(0), trackbacks(0), -

BTS&MRT 4月30日の運行状況

BTS&MRT 4月30日の運行状況

・BTS
全線運行 06:00〜20:00

・MRT
全線運行 06:00〜00:00 (但し、シーロム駅は19:00で閉鎖)

状況により変更する場合がありますので十分ご注意下さい。

at 13:24, swm, タイのこと

comments(0), trackbacks(0), -

BTSスカイトレインとMRT地下鉄の運行状況

本日のBTSスカイトレインとMRT地下鉄の運行状況です。

BTSスカイトレインは 06:00〜20:00 の運行
地下鉄は06:00〜24:00まで(シーロム駅は19:00で閉鎖)

状況により変更する場合がありますので十分ご注意下さい。

at 11:22, swm, タイのこと

comments(0), trackbacks(0), -

入国管理局移転

 バンコクの入国管理局本局(通称トーモー・スアンプルー)が昨日移転しました。

新しい場所は、チェンワタナ通りです。
バンコクからだとドンムアン空港方面の高速道路をチェンワタナで降りて、一つ目のラクシーの交差点を左折して約1.5Km、ソイ7を左折して、700〜800メートルの右側です。
バンコク市内中心部から車で渋滞が無ければ、30分程でしょうか。
但し、この辺りはタイ政府の官公庁や国営企業などが集まっており、朝夕のラッシュ時は、毎日すごい渋滞です。

建物の概観は、こんな感じ。



この建物は、政府の総合庁舎になっていて、とてつもなく大きいです。

入国管理局は、正面玄関を入って左の方にあります。



しばらくは、タクシーの運転手も移転したことを知らない人が多いでしょうから、間違ってサートン通りに連れて行かれないよう注意してください。




at 13:59, topper, お知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

タイ国際航空は燃油サーチャージを・・・

原油高騰に対する措置として始まった燃油サーチャージ

一時は、航空券代金と同じくらいもしくはそれ以上なんて異常な金額になって、
合計するととんでもない金額になったものです。

最近は原油の価格も落ち着き、燃油サーチャージを値下げや廃止する航空会社も出てきて、
やっと安く海外旅行が出来るようになりました。



さて、


タイ国際航空は2009年7月20日発券以降の,
燃油付加運賃(サーチャージ)を値上げします







バンコク-東京間(片道)で、US$ 49.50 から US$ 57.00 の値上げです。

昨年の空港閉鎖やデモ、新型インフルエンザなどタイ経済に多大な損失をもたらす事はあるにしろ、
この時代を逆流するかの今回の値上げ。。

エアバス「A380」6機購入予定をキャンセル料を支払ってまでも取り消すとの話も・・。
よほどなんでしょうかなんでしょうね


値上げの詳しい情報はコチラをご参照ください。
http://www.shindai.co.th/cgi-bin/headline/index.cgi#diary_83


どこへ向かうのかタイ航空。



バンコク旅行会社シンダイでは航空券・ホテル・サービスアパート・送迎など旅のお手伝いから、ビザ取得・会社設立・会計なども承ります。http://www.shindai.co.th/

at 12:03, swm, お知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

客寄せパンダ

5月末、チェンマイの動物園では人工授精でパンだの赤ちゃんが生まれました。
なので、最近タイはパンダブームらしいです。


客足の減ったアユタヤでもパンダにあやかって色々と考えているみたいです。




でも、




コレは、





だめでしょ。
















・・・・・。





バンコク旅行会社シンダイでは航空券・ホテル・サービスアパート・送迎など旅のお手伝いから、ビザ取得・会社設立・会計なども承ります。http://www.shindai.co.th/

at 10:04, swm, どうでもいいことなんですけど・・

comments(0), trackbacks(0), -

シンガポール航空の・・

バンコク-東京間直行便のフライトがなくなるそうです。
しかも8月から。。

シンガポール航空といえば人気ナンバー1とも言われる、
民族衣装のサロンケバヤ(←さっき調べて名前を知りました)を着たキャビンアテンダントで有名

たしか、人生初の海外旅行で乗った記憶があります。
あのスラッとした制服を着こなせる人もそうはいないのでしょうね。

今後はシンガポール経由での東京接続となるそうで、
タイミングがよければA380に乗れる可能性も・・

また、詳しい情報が入りましたら追加いたします。



バンコク旅行会社シンダイでは航空券・ホテル・サービスアパート・送迎など旅のお手伝いから、ビザ取得・会社設立・会計なども承ります。http://www.shindai.co.th/

at 14:36, swm, お知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

BTS新路線レポート

渋滞のひどいバンコクの移動には今や欠かせないBTS(スカイトレイン)。
随分前に完成していたものの、タイお決まりのゴニョゴニョで長い間放置されていた
シーロム線サパーンタクシン駅のその先がやっと運行開始したのでちょっと行ってきました

ウォンウィアン・ヤイ駅

当たり前ですが、すごくキレイ
しかも無駄に広い。端から端まで何車輌いるのか
てか、そんなに必要ないだろう。。
また、他の駅と違って完全ドームタイプ。雨季の時期には親切設計。
これから出来る予定の駅はこのタイプなのかな

と、

いいことばかりではなく、
大問題はBTS駅唯一の単線専門駅のサパーンタクシン駅の単線部分

サパーンタークシン駅

コレはいかんせんなんとも言えない大失敗でしょう

渋滞なくてスムーズなのが売りなはずなのに、
ホームから電車が出るまで反対方向から来た電車は、駅手前で停車してなきゃいけないし
駅ではない場所で強制停止されるのは結構イライラするんじゃないかな

また、ホーム中央を境に北側をサイアム駅方面行き、南側をウォンウィアン・ヤイ駅方面となんとも、
ごちゃごちゃした様子になってました。
駅構内の階段も狭く、勢いよく降りてくる人の波に飲み込まれかけました、
いやマジ、怖かった

試験運行で新設区間は無料で運行してるとはいえコレではねぇ〜

でも、でも、コレで便利になった人はたくさんいるはず、(迷惑を受けている人もたくさん)
運行システムを変更して、車輌を増やすとの情報もあるので便利になるのは必至。

頑張れBTS、人々の夢を乗せて

ウォンウィアン・ヤイ駅その先




あ、でもボクは地下鉄利用派




バンコク旅行会社シンダイでは航空券・ホテル・サービスアパート・送迎など旅のお手伝いから、ビザ取得・会社設立・会計なども承ります。http://www.shindai.co.th/

at 13:23, swm, タイのこと

comments(0), trackbacks(0), -

エアポートリンク その

エアーポートリンクの試乗レポートです!
まずはマッカサン駅の見学です。

マッカサン駅正面側です。
まだ、工事中です....。

マッカサン
3階出発ロビーです。
チェックインカウンターが左右合わせて28あります。
この辺はほぼ完成でしょうか。

4階のプラットホームです。
内側の2線は特急線用で外側の2線は通勤線用です。
地下鉄同様にホームドアが設置してあります。


マッカサン駅についてはまだ工事中って感じで、完成までもう数ヶ月はかかりそうかな?

次はメインの試乗ですが、ここマッカサン駅は未完成な為、どうやら列車の発着はまだできないみたいなので、ここからバスで次の通勤線の駅「ラムカムヘン」へ移動します。

ラムカムヘン駅に到着!
BTSの駅みたい!


















駅入り口の横にはタイ国鉄の線路が....。
ちゃんと壁とかで仕切るのかな?














これが自動券売機。
図体だけでかくて多機能ではないらしい...。


この顔はどうでしょう?
ぜんぜんかっこよくない。
160キロで走る顔ではないです...。
ここに日本製の車両が走ったら良かったのになぁ!
絶対、日本の電車の方が格好良いし。

特急線の車内です。
窓も大きく、明るい雰囲気です。

いよいよ出発です!
ミュージックホーンっぽい音を奏で発車します!

高架線なので景色は良いです。
さすがに最高速度160キロなので、あの暴走タクシーでさえも余裕で追い抜きます!?

HUA MAK駅、BAN THAP CHANG駅、LAT KRABANG駅を通過し、
あっというまで終点です!





*まとめ*
路線計画や料金等、色々思う所はありますが、エアポートリンクがBTSのパヤタイまで開通すれば、
通勤路線としての役割も果たすことが出来き、また空港アクセスの選択技が増える事は喜ばしい事と思います。
何度も開業延期を繰り返し、早く開業させたいとは誰もが思いますが、今までのBTSや地下鉄とは違い、高速鉄道の為、しっかりとした安全対策を実施、徹底しなければならないと思います。

今年12月に開通できることを願います....。

続きを読む >>

at 13:41, siifaa, タイのこと

comments(0), trackbacks(0), -

エアポートリンク その

エアポートリンクの見学・試乗会に行ってきました。
ご存知かと思いますがまずは概要から。

エアポートリンク(バンコク空港アクセス鉄道)
・総延長:28キロ

パヤタイ〜スワンナプーム空港
・運行列車種別
‘探淦(ノンストップ) 赤色の電車
マッカサン〜スワンナプーム空港
所要時間:15分
最高速度:160km/h
車両編成:4両(1両は荷物専用車)

通勤線(各駅停車) 青色の電車
パヤタイ〜スワンナプーム空港
全8駅
所要時間:30分
車両編成:3両

当初の開業予定は2007年だったか工事が遅れ、ようやく今年中の開業の模様。
ただマッカサン〜スワンナプーム空港間のみ暫定開業で、パヤタイ〜マッカサンはまだもう少し先らしい。
工事は8月中旬までには完了する予定で、その後、約3ヶ月をかけてテストし、今年12月の開業を目指す。

マッカサン駅にはシティーエアーターミナルが設けられこの駅でチェックインが可能になる。
荷物は目的地までスルー!
1階は駐車場で、2階が到着ロビー、3階が出発ロビーです。
この出発ロビーにチェックインカウンターやレストラン、両替所等があり空港のターミナルビルとほぼ同じ機能をになるようです。
特殊な機能はチェックインカウンターで預けれた荷物を空港まで搬送する自動荷物取り扱いシステムが挙げられる。
このシステムはまだ香港駅、九龍駅にしか導入されていない。
荷物を積み込まれたコンテナは自動で車両に搬入される。
空港到着後も自動で搬出され、インラインのX線検査機器の手前に送り込まれるので、
空港で預けられる荷物同様のセキュリティーが保たれます。
この搬入、搬出にかかる時間は4分とされ、1時間あたりの片道最大運転本数を16本まで可能にしている。(開業時は8本の予定)

スワンナプーム空港駅はターミナルビルの地下にあり、エアポートホテル側にも出口があります。

車両はBTSや地下鉄と同メーカーのシーメンス社製でイギリス・ヒースローエクスプレスの改良版。
タイでは初めて電源供給を架線方式なので、電車らしく見える。
因みにBTSや地下鉄は第三軌条方式(サイドレール式)です。
特急線は2名掛けクロスシート及び4名掛けのボックスシートを採用し全席着席を想定している。
またスーツケース等の荷物置き場やトイレも設置している。
通勤線はロングベンチシートとなっている。(BTSや地下鉄と同じ)

次に肝心の料金です。
まだ運行管理する会社が正式決定していない為、その会社次第な面はありますが、
特急線で150バーツ位を想定しているとの事です。

次回は試乗レポート等をお伝えしたいと思います。







Check

at 12:46, siifaa, タイのこと

comments(0), trackbacks(0), -